2/7 96日め 国分→海潟温泉 35km

今日は見事に桜島の洗礼(歓迎)を受けた。タオルマスクと眼鏡で歩いたが,眼は痛いし頭痛はするし…で大変だった。木々の葉や草にパラパラ音がして灰が降っていて驚いた。
  1. ホーム
  2. 日本縦断
  3. 日々の記録
  4. 九州地方 2/7 国分→海潟温泉

2/7 96日め 国分→海潟温泉 35km 雨のち曇

今日は見事に桜島の洗礼(歓迎)を受けた。風向きがちょうどピッタリ合ってしまい,午後いっぱいはずーっと桜島からの降灰に悩まされてしまった。降灰がこんなにすごいとは思わなかった。

朝は宿のおばさんといろいろ話し込み,今給黎さんの単独無寄港世界一周の本などを頂く。昨日頂いた本と合わせて2冊も本をもらってしまった有り難かった。しかし重かったのでもう家に送ってしまった。

結局宿を出たのは8時過ぎ。今日は長いということで気が焦る。しかし,歩き出して少しすると,ものすごい豪雨に遭う。仕方なくしばらく雨宿り。台風が来たかと思うような降りだった。

写真
桜島

その雨も何とか3セット目辺りからはあがって,歩きやすくなる。午前中は5セット。昼をとろうと思っていた二川近くには店がなく,集落の一番外れにやっと見つけた小さい店でパンを2つ買って食べる。ラッキーなことに近くの小さな公民館が開いていたので,中で食べて一休み。ゆっくり休めた。

午後は短めの4セット。最初は「なんとなく灰がチラチラしているな」程度だった降灰が,桜島の西に差し掛かる頃からにわかにひどくなり始め,あまりのひどさにタオルでトンネル内のようにマスクをし,向かい風に乗ってくる灰に目も開けていられない状態だったので眼鏡もかけて完全防備で歩いた。それでも眼は痛くなるし,頭痛はしてくるし,口の中はジャリジャリするし…で大変だった。

7セット眼の休憩で,屋根の下だったのに開いていた地図の上に見る間に灰が降ってきたのにも参ったし,8セットめで木々の葉や草にパラパラ音がして灰が降っていたのには超驚いた。地元の人の苦労がしのばれた。今日の宿は見事な当たり! BRAVO!

TOPへ