12/12 66日め 一宮町安積→東粟倉

中国山地真っ只中ということで,午前,午後と2つの峠越え。午後の志引峠を越えて岡山県に入る。宿が軒並み満室で,シングル一泊¥12,500のペンションに泊まった。
  1. ホーム
  2. 日本縦断
  3. 日々の記録
  4. 近畿・中国地方 12/12 一宮町安積→東粟倉

12/12 66日め 一宮町安積→東粟倉 32km 晴のち曇

今日は寒い一日だった。しかし,ニュースによると,これが平年並みらしい。

最近はいろいろな意味で退屈しない。明日は祖母の故郷の西粟倉入りということもあるし,中国山地真っ只中ということで,道も峠があったりで面白いし,それに今日は週末で近場は軒並み満室ということで,何とシングル一泊¥12,500もするペンションに泊まっているのだ。

写真
志引峠

今晩と比べると,昨晩の旅館はなかなかすごかった。昔の造りらしく,真ん中に庭があり,そこは吹き抜けで「外」になっているので,風呂やトイレに行くときはとても寒かった。でも,おじさんがいい人だった。

朝は7:10のバスで曲里まで。曲里のバス停で朝食をとったのだが,メチャクチャ寒かった。温度計は5℃を切っていた。

午前中に1つめの峠越え。途中,近道の点線があり,食指が動くも,昨日のサバイバルの反省から車道を行く。やっぱりペースを保つ上からいっても,ちゃんと実践以上の車道を歩くのがベターだ。セットを長めで切り,4セットめの千積町市街で食堂に入って昼食。駅もバス停もなく,あまりの寒さに外で昼食をとることができなかった。

午後は2つめの峠越え。志引峠という峠で,これを越えて11番めの県,岡山県に入った。下を歩いている時,遥か上方にガードレールが途切れ途切れに見え,「あんな所まで上るの(上れるの)か」と思ったけれど,上ってみて下を見ると「お〜上ったな。人間の力は偉大だな」と思ったりした。

今日のペンションは当たりだ。食事も最高に美味しかった。いよいよ明日は西粟倉だ。

TOPへ