準備をしよう

計画を立てたら準備をしましょう。地図と荷物の準備、宿や切符の手配などが必要です。特に地図でおおよその歩く道を見ておくことが大切です。
  1. ホーム
  2. 歩き旅
  3. 歩き旅実践編
  4. 準備をしよう

地図を準備しよう

まず、地図を用意します。国土地理院の5万分の1の地図か、ロードマップがお勧めです。5万分の1の地図を購入した場合は、持ち歩きやすいように折りましょう。重いロードマップの場合は、必要なページを切り離すかコピーしましょう。

そうしたら、実際に歩く道をマップメーターでたどったり、ネットで計測したりして、なるべく正確な距離を出しまょう。アップダウンや交通量なども想像しながら、歩くのに最適な道を選ぶようにしましょう。幹線道路や山道はなるべく避けた方が無難です。グッズ関連のヒント地図も参考に。

荷物を準備しよう

次に、荷物を準備します。必要だと思われる荷物を準備してザックやディパックなどに詰めましょう。ザックやディパックなどの大きさは、宿泊日数で決めると良いでしょう。日帰りならば、ウエストバックも良いでしょう。

ただし、歩き旅の経験が浅い人ほど、荷物は多くなり過ぎる傾向にあります。荷物は軽いに超したことはありませんので、厳選に厳選を重ねるつもりで選びましょう。グッズ関連のヒント荷物も参考に。

宿や切符の手配をしよう

最後に、宿や電車・飛行機などの切符の手配をします。旅立つ前にできることはやっておくと、現地でのんびりできることが多いです。

宿に泊まらない方は、キャンプ場や駅、道の駅の有無などをチェックしておくのもいいかも知れません。宿泊まりの方は、この時点で宿を予約してしまうと安心です。もちろん宿は現地でも予約できますし、飛び込みでも空いていれば泊めてくれますが、連休の時などは空きがないこともあるので要注意です。

電車や飛行機などの切符も、必要ならば指定席をとりましょう。歩いて疲れた帰路に、電車などで長時間座席に座れないなどという事態になったら悲劇です。