達人の歩き術

歩き旅には技術と知識,そして経験が必要です。経験は歩くしかないですが,技術と知識を身につけるだけでも経験者(達人)に近づけます。
  1. ホーム
  2. 歩き旅
  3. 達人の歩き術

経験者は何が違うか

「歩く」という行為は,ほとんどの人が毎日行っている上に,特殊な技術も必要ないので,「歩き旅」も一見簡単そうに見えます。確かに「歩く」ことは簡単ですが,「歩いて旅をする」ためには,ある程度の技術と知識が必要です。

歩き旅の未経験者が何の予備知識もなく長距離の歩き旅に出ると,3〜4日めに一気に脚に故障が出て歩けなくなります。事実,毎年多くの若者が歩きで日本縦断にチャレンジしながら,鹿児島や北海道の原野で果てています。

経験者が持っているもの,それは技術と知識,そして経験です。経験は歩くことでしか得られませんが,技術や知識は本やサイトなどから得ることができます。ここでは「達人の歩き術」と題して,長距離の歩き旅の極意を集めました。ぜひ参考にしてください。

目次

快適な歩き旅を成功させるために,ぜひ知っておいてほしいことをまとめました。私の経験から書いていますので,限りなく実践的です。

長距離を歩く
やる気と忍耐力プラス知識と技術が必要です。
ペースをつくる
長距離を歩くにはペースとリズムが大事です。
休憩をとる
休憩を上手にとることが楽に歩く秘訣です。
荷物を背負う
荷物の詰め方や背負い方で楽に歩けます。
記録をとる
記録をとることは次の歩きにつなげることです。

TOPへ