旅の後に

歩き旅から帰ったら、脚の疲れをとると同時に、日記や写真などの記録の整理をしましょう。旅先でお世話になった人にはお礼状も書きましょう。
  1. ホーム
  2. 歩き旅
  3. 歩き旅実践編
  4. 旅の後に

旅を終えて

歩き旅を終えると、精神的にも肉体的にも結構疲れます。ゆっくり休むのがいちばんですが、仕事などで休めない方もいると思います。そのような方も、脚だけは湿布を貼ったり、ゆっくり風呂に入ったりしていたわってあげましょう。

また、旅の感動が薄れないうちに、簡単な記録の整理だけはしておいた方がよいと思います。特に写真は早めに整理しましょう。日記などの最後に、旅全体を通しての感想などを書いておくと良い記念になります。

記録を整理する

旅から帰ったら、装備を解体するのと一緒に、日記と写真の整理もしましょう。アナログ派とデジタル派では、微妙に整理の仕方も違ってきます。

アナログ派は、日記はそのままで良いですが、ウェブサイトにアップしたりする場合は打ち直してデジタル化しておくと便利です。写真はアルバムなどに整理しておくと、後で見やすさが格段に違います。

デジタル派は、日記も写真もなるべく早くバックアップをとりましょう。CD-Rなどに焼くのもお勧めです。とにかく2度と得られない貴重な記録なので、万が一にもなくしてしまうことのないようにしましょう。

お礼状を書く

旅先でお世話になった方には、ぜひお礼状を書きましょう。歩き旅をしていると、結構あちこちで人の人情に触れるものです。そのときの嬉しさが薄れないうちに、簡単でも良いのでお礼状を出すことをお勧めします。

私が日本縦断をしたときは、特に良くしてもらった宿などに、作成した記録冊子と宿近辺の写真を添えて感謝の手紙を送りました。世知辛い世の中ですが、旅先で良くしていただいた人には住所を聞いておき、お礼状を出せると良いですね。