長距離を歩く

長距離を歩くということは、一日中歩くだけの毎日の繰り返しです。それには、やる気と忍耐力、そしてある程度の知識と技術が必要です。
  1. ホーム
  2. 歩き旅
  3. 達人の歩き術
  4. 長距離を歩く

長距離を歩くということ

長距離を歩くということは、普通の生活をしている中ではあまり出会わないことです。ましてや何日もかけて長い距離を歩いて旅をするなどということは、昔へタイムスリップでもしない限り、一生涯しない方が大半だと思います。

少しでも長距離を歩いたことがある方ならわかると思いますが、長距離の歩き旅をすると一日中歩くだけの毎日の繰り返しになります。その毎日の繰り返しこそ、長距離の歩き旅の神髄(醍醐味?)だと言えます。

こんなものが必要

長距離の歩き旅をするためには、いろいろなものが必要です。ハード面は、くつやくつ下、ザック、地図…など挙げていけばきりがないのでここでは書きません。

ソフト面では、何と言っても「やる気」と「忍耐力」が不可欠です。「やってみよう」、「やってやる」という「やる気」が最初にないと長距離を歩き切ることはできません。

そして何と言っても「忍耐力」が欠かせません。これが最も大事だと言っても良いくらいです。苦しいときも辛いときも投げ出さずに歩く気持ちを持ち続けること、これが成功の最大の秘訣です。

知識と技術を持って

その他にも、ある程度の知識と技術が必要です。長距離を歩くということは、根性だけで歩ききれるほど生やさしいものではありません。

さらには、これに経験が加わると無敵です。経験を積めば積むほど自分なりの知識や技術、細かいTipsなどが身につき、どんな事態にも対処できるようになります。

とは言っても、最初は誰でも初心者です。少しずつの経験を何度も積むことが、達人への道と言えるでしょう。