荷物を背負う

荷物の詰め方は、基本的に登山やアウトドアの場合と同じです。雨対策にザックの中を大小のビニール袋で防水すると急な雨にも安心です。
  1. ホーム
  2. 歩き旅
  3. 達人の歩き術
  4. 荷物を背負う

荷物の詰め方

荷物の詰め方は、基本的に登山やアウトドアの場合と同じです。これについては本やサイトでたくさん紹介されているので、ここで改めて詳しく書くまでもありませんが、以下に基本的な事項だけ載せておきます。

 (1) 重いものは上の方、背中に近い方に入れる。
 (2) よく使うものは取り出しやすい所に入れる。
 (3) できるだけ毎回同じ場所に同じものを入れる。

荷物の詰め方の上手下手は、背負いやすさや重量感に影響するばかりではなく、疲れの度合いにも影響を及ぼします。詰め終わったら必ず背負ってみて、背中に当たらないか、バランスは悪くないかなどをチェックするようにしましょう。

雨対策

雨対策にザックカバーは必需品ですが、それでも中身が濡れてしまうことがあります。そんなときのためにザックの中も防水対策をしましょう。

まず、ザックの中に大きなゴミ袋のようなビニールを入れて、その中に荷物を詰めていくようにします。こうするとたとえ土砂降りの雨にあってザックが濡れても、中身は濡れずにすみます。

また、着替えや小物類も種類ごとに小分けして、それぞれビニール袋に入れておくとさらに完璧です。最近は、掃除機が必要のない圧縮袋なども市販されているので、それを利用すると荷物もコンパクトになり、一石二鳥です。

荷物が重く感じたら

重い荷物を背負って長距離を歩いていると、疲れた頃に背中の荷物が重くて仕方なく感じることがあります。だからと言って荷物を置いていくわけにはいかないので、そのようなときはちょっとした工夫をしてみましょう。

まず、単純ですが両手を腰の後ろあたりに組んでザックの重さを腕にかけるようにすると、肩にかかる重みが軽減されてずいぶん楽に感じます。

また、ザックの腰ベルトも普段からしているとは思いますが、改めてザックをズリ上げて腰で背負う感じにしてみると、肩にかかる重さが減ったような気分になります。