食事

朝昼晩の三食を規則正しく食べることが,歩くエネルギーのもととなります。チョコやアメ,グミなどのお菓子も,食事のつなぎや気分転換に重宝します。
  1. ホーム
  2. 歩き旅
  3. 体調管理のノウハウ
  4. 食事

食事の基本

人の身体は不足しているものを欲しがるようにできています。水分が不足したら喉が渇くし,工ネルギー不足になったらお腹がすきます。食べることの基本は食べたいものを食べることです。

かき氷が食べたい−身体が熱を持っている証拠です。お腹と相談して食べましょう。バテて何も食べたくない−食べなくても大丈夫です。ただし,きっと後でお腹がすくので,その時にしっかり食べましょう。

朝昼晩の食事

1で書いた基本と矛盾しそうですが,朝,昼,晩の三食は規則正しく食べることをお勧めします。歩き旅というのは,思っている以上に体力を使います。食事をしっかり食べることで,歩くためのエネルギーがつくられるのです。

特に重要なのは朝食です。1日の歩くエネルギーのもとなので,特にしっかり食べましょう。私が日本縦断歩き旅をしたときは,いつもご飯を3杯半食べていました。もちろんおかずも全部食べていました。

その分,昼は軽くても済みます。私はいつもパンやおにぎりなどです。ただ,お店に入って食べるのも気分転換になるので,時間やお金などと相談して使い分けましょう。晩ご飯は,日本の文化としてしっかり食べることが習慣になっているので,いつも通りでいいと思います。

お菓子などの間食

お菓子というものは,全般的にカロリーが高いので,パワーの出る食べ物です。もちろんお菓子がメインの食事では困りますが,食事と食事のつなぎに,気分転換に,お菓子はとても便利です。

チョコレートは,少量でカロリーが高いのでたいへん重宝します。お昼が遅れた時のつなぎに,午後のおやつなどに便利です。私は常にザックのポケットにしのばせて歩いています。ただし夏は溶けてしまうという欠点があります。

アメやグミは,気分転換に最高です。また,糖分は疲れの特効薬でもある上に,なめているだけで喉の渇きを抑える効果もあるので重宝します。グミも独特の食感で疲れを癒してくれます。私は短い距離の歩き旅でも常に携帯するようにしています。

TOPへ