くつ下

くつ下は、やや厚手のウォーキング用のものがお勧めです。マメの予防のために、雨の日に濡れたくつ下は早め早めに取り替えて歩きましょう。
  1. ホーム
  2. 歩き旅
  3. グッズ関連のヒント
  4. くつ下

くつ下の選び方

くつと同様、くつ下も大事なポイントです。悪路を歩くのではない限り2枚重ねなどをする必要はありませんが、マメ防止のためには、やや厚手のもの、それもできればウォーキング用のくつ下をお勧めします。

私の愛用しているのは、アクリルやナイロンの底がパイル地になっている物です。底が厚く丈夫な上、汗の吸湿性、弾力性、保温性など全てにおいて優れています。また、直射日光下で乾かしても硬くなりません。値段は一足¥1,000~\2,000程度です。

また、毛(wool)のくつ下もお勧めです。毛は動物性繊維なので、雨の時に湿気をその中に取り込み足に伝えません。さらに弾力があるので、マメの防止に役立ちます。私は晴れの日はオーロン、雨の日は毛と使い分けています。

くつ下の交換

足は1日に約コップ一杯分(200cc)の汗をかいています。そのうち約半分は歩くときにフイゴのような作用が働いて、くつの上縁から出ていきます。そして残りの半分はくつ下に吸収されます。

この時、くつ下の吸湿が悪いと、マメの大きな原因の一つである「湿気」が必然的に高まって、マメの発生を見るはめになってしまいます。

いくら吸湿性の良いくつ下でも限界はあります。マメの予防のためには、汗や雨で濡れたくつ下は、早め早めに取り替えることが大切です。私は、雨の日には1日平均3~4足程度のくつ下を履き替えてマメを防ぐようにしています。