くつ

歩き旅においてくつはとても重要です。小さめより大きめ、重めより軽めのウォーキング・シューズがおすすめです。くつひもにも注意しましょう。
  1. ホーム
  2. 歩き旅
  3. グッズ関連のヒント
  4. くつ

くつの基本

くつは、歩くということにおいてたいへん重要な位置を占めます。くつが直接の原因でできるものに、くつずれ、マメなどがあります。また、くつが悪いために筋肉痛になったり、疲労の呼び水となったりすることもあります。

くつで最悪なのは小さいくつです。小さめのくつは、必ずと言っていいほどくつずれやマメの原因となります。また、長く歩き続ければ、当然足もはれてきてしまうので、やや大きめのくつが望ましいと思います。

また、できるなら重いくつよりは軽いくつの方がベターです。歩く運動そのものが振り子運動の原理と同じだから、ある程度の重さがあった方がよいという意見もありますが、平地を歩く歩き旅では、「足下の1gは背中の5g」という考え方から軽いくつをお勧めします。

ウォーキング・シューズのススメ

歩き旅をする場合、くつの選択肢はウォーキングシューズかジョギングシューズになると思います。もちろん山道が入ればトレッキングシューズを履く場合もあるでしょうが、アスファルトの道路を歩くならばやはりウォーキングシューズがお勧めです。

理由の1点めは柔らかさの違いです。ジョギング・シューズはくつ底が手で曲げられるくらい柔らかいのに対して、ウォーキング・シューズは土踏まずの保護のためにくつ底は固くなっています。ジョギングが足のうらの3分の1しか着地しないのに対し、ウォーキングは足の裏全体が着地するという性格の差から、この違いは生じています。

理由の2点めは、ウォーキングシューズは蹴り出しの部分に微妙なふくらみがあるものが多く、最初は異物感があるものの、慣れてくると非常に歩きやすいということです。

くつひもにも注意

くつを脱ぐときは靴ひもをほどき、また履くときに結び直すのはとても大事なことです。1回の休憩ごとにそうするのは少し大変ですが、故障の予防のために必要な手間だと思ってください。

ひもを縛ったまま脱げる、あるいは履けるということはイコールゆるいのです。ゆるいということは、一歩ごとにくつの中で微妙に足が動く(ずれる)ということで、摩擦熱を起こしてマメを生じさせる手伝いをしているようなものなのです。

特に下り坂ではこれにいっそう拍車をかける上に、しっかり縛っていないと足首への負担も増すことになるので注意が必要です。