デジタルカメラ

「荷物は軽い者勝ち」の歩き旅には、軽量・コンパクトなデジカメがお勧めです。GPSやwifiなど様々な機能も便利ですが、アップロードする際にはExif情報に注意しましょう。
  1. ホーム
  2. 歩き旅
  3. デジタルとつきあう
  4. デジタルカメラ

軽量・コンパクト

かつての銀塩カメラは、銀塩式写真フィルムに記録するという性質上、小型化・軽量化にも限度がありました。ところが、デジカメの技術が生まれ、記録媒体がSDカード等になって充電式小型バッテリーが採用されると、デジカメはどんどん小型化しました。

今では、ある程度の性能でOKと言うことであれば、かなり軽量でコンパクトな機種がたくさんあります。私は、以前はカメラを入れるために必需品だったウエストバックも今では使わなくなり、上着のポケットやメディスンバッグにデジカメを入れて歩いています。

写真にこだわりがある方はミラーレス一眼などを持つのも良いと思いますが、「荷物は軽い者勝ち」の歩き旅では、軽量・コンパクトなデジカメを活用することをお勧めします。

Exif情報に注意

最近のデジカメで撮影した写真には、Exif情報がつくのが当たり前になっています。これは、撮影時の状況に応じて画像を処理し的確な状態でプリントすることができるなど便利な反面、危険も伴っていることを忘れてはいけません。

例えば、撮影時のGPS情報(緯度・経度)や撮影日時など、個人情報を特定できるおそれがある情報も含まれている場合があります。さらに、見せたくない情報にモザイクをかけたりその部分を切り取ったりしたとしても、サムネイルに元画像が残っていてダウンロードすれば見られる状態にあるということもあります。

ブログサービスでは自動的にこのような情報を削除してくれる場合もありますが、個人でネット上に公開するときは十分注意することが大切です。

様々な便利機能

スマホの写真機能が向上したことで、デジカメも負けじと様々な機能を搭載するようになりました。私はあまり使っていませんが、歩き旅との相性が良いのはGPSとwifiです。

GPS機能は、旅の記録としてどこで撮った写真かを自動的に記録してくれるのが整理する際に役立ちます。ただし、Exifのところで書いたように、GPS機能がついたデジカメで撮った写真をアップロードする際には注意が必要です。

wifiは、データの転送やアップロードなど、機能を使いこなせる人にはとても便利かも知れません。また、最近はスマホとの連携を考えて、画像データの閲覧やリモコン機能などもwifi経由でできるようになっています。