雨対策

雨のときはカサとレインウェアの併用がお勧め。レインウェアは、高価ですがセパレートタイプでゴアテックスのものがベストです。防水スプレーをかけるのも忘れずに。
  1. ホーム
  2. 歩き旅
  3. 困難に立ち向かう
  4. 雨対策

カサかレインウェアか?

雨のときに歩く場合、カサをさすかレインウェアを着るかということに関しては、ある程度個人の好みが反映されます。

カサは手軽ですが、上半身はある程度守れても下半身がぬれてしまいます。横殴りの雨には役に立ちません。レインウェアは全身の防水性に優れますが、着脱が大変な上に中がムレてしまいがちです。

私は、小降りの雨はカサのみで、ある程度降ってきたらレインウェアを着てカサをさして(両者併用で)歩いています。これは結構お勧めです。カサは超軽量の折りたたみのものが1本あれば十分です。

レインウェアの選び方

レインウェアにはポンチョなどの簡易なタイプのものもありますが、やはり防水透湿素材を使った上下セパレートタイプのものを選ぶことをお勧めします。

ただ、その際に安物を買うとムレて大変です。例えば、極端な話、コンビニで売っている¥500ぐらいのものを着て歩くと、歩き終わった後に内側がびっしょりぬれているほどです。

防水透湿素材の中でも、ベストはやはりゴアテックスです。値段は高いですが、それに見合う効果はバッチリあります。どうしてももったいない方は他の防水透湿素材でも用は足りますが、透湿性がゴアテックスよりは劣ります。

防水対策を

雨のときもう一つ困るのは、くつがビショビショになることです。それを防ぐために、くつには防水スプレーをかけてから出かけることをお勧めします。もちろん、レインウェアにもしっかりかけましょう。それでもくつ下はすぐぬれてしまうので、早め早めに取り替えるよう心がけましょう。

ザックカバーも忘れずに持って行きましょう。ザックは発汗しないので、ムレることはありません。普通に売っているもので十分です。ザックの中をゴミ袋のような大きなビニールで二重にしておくと、防水対策はより万全です。