「夢はかなえるものである」は私の持論。「どうしてもかなえたい夢」であった日本縦断歩き旅−実現させた後に思ったことは「やってよかった」です。
  1. ホーム
  2. 日本縦断
  3. 歩きながら考えた

「夢はかなえるものである」

岡村孝子は「あなたの夢をあきらめないで」と歌いました。
渡辺美里は「夢を夢のままでは終わらせないでいて」と歌いました。

「夢はかなえるものである」というのが私の持論です。もちろん,「あ〜,いつか本当に実現したらいいな〜」というような「見ることを楽しむ夢」があってもいいですが,「どうしてもかなえたい」という種類の夢は,どんな手段を使っても(法に触れてはマズイですが),かなえるべきだと私は思っています。

今回の「日本縦断歩き旅」も「どうしてもかなえたい」夢の一つだったので,いろいろと障害はあったものの,就職を一年棒に振って実現させたのです。

旅を終えて

この旅を終えて,一番強く思っていることは,「やってよかった」ということです。

日本という国の社会は一度レールから外れた者が再びそのレールに乗ることが難しい社会で,私も旅の後,さらに半年間,正式に就職できないという憂き目にあいました。しかしそれでも,心から「やってよかった」と思っています。全く後悔はありません。

これからの人生,まだまだ様々な試練があるでしょう。しかし,この旅をやり終えたときに感じた「夢を実現することの素晴らしさ」を私の身体や心が忘れない限り,私は一生「夢」を追って人間らしく生きていけるような気がします。

TOPへ