歩行計画

日本縦断復路のコースはどうやって決めたのか。全国を11のステージに分けて歩く意図は?意欲を失わないための工夫もそこにはあります。
  1. ホーム
  2. 縦断復路
  3. 歩行計画とコース
  4. 歩行計画

復路歩行計画

日本縦断復路の計画を立てるにあたっては、まず自分の今まで歩いたコースを地図上に落とし、その間を埋めていくようにコースを考えました。その上で、スタートを長崎県五島列島・大瀬崎、ゴールを北海道根室・納沙布岬に決めました。

次に、全国を11のステージに分けて、それぞれの概算距離を計算しました。これは、長い期間をかけて少しずつ歩くため、途中で達成目標を設けるという意味合いがありました。ステージに関しては、下の表をご覧ください。

復路歩行ステージ

各ステージの詳細と、今日まで歩いた状況は以下の通りです。今までに歩いたコースをつないでいる関係で、各ステージの距離はまちまちになっています。なお、コースの表記は、現在住んでいる東京を起点として離れる方向に向かって表しています。

場所(ステージ) コース 概算距離 状況
東北海道ステージ 釧路→納沙布岬 140km
中北海道ステージ 帯広→釧路 120km 完歩
西北海道ステージ 苫小牧→帯広 230km 完歩
北東北ステージ 盛岡→八戸 120km 完歩
中東北ステージ 仙台→盛岡 180km 完歩
南東北ステージ 郡山→仙台 120km 完歩
北関東ステージ 東京→塩屋崎 200km 完歩
東海ステージ 名古屋→亀山 60km 完歩
近畿ステージ 草津→明石 120km 完歩
四国ステージ 伊予三島→別府 240km 完歩
九州ステージ 天草→五島列島大瀬崎 264km 途中