歩行計画とコース

長崎県五島列島・大瀬崎から北海道根室・納沙布岬まで,どのような考えでコースを設定したのか。長丁場ですが,具体的に歩く計画も立てました。
  1. ホーム
  2. 縦断復路
  3. 歩行計画とコース

歩行計画

日本縦断をした当時と違い,現在は職に就いていますし,家族もいます。子どもが小さく,共働きということもあり,時間のかかる歩き旅はなかなかできないのが現状です。

そこで,今度は一度に歩くのではなく,細切れに歩いていく計画を立てました。さらに,今まで自分で歩いたコースを上手につなぎながら「復路」を完成させていくように考えました。

具体的には,住んでいる東京に近いところから日帰りで歩き始め,遠くになったら泊まりがけで歩こうという計画です。また,学会などの出張を利用して2〜3泊で歩くことも考えています。西がスタートで東がゴールですが,基本的に東京から離れていく方向に歩こうと思っています。

コース

コースとしては,長崎県五島列島・大瀬崎→北海道根室・納沙布岬というルートを考えています。往路の日本縦断のコースと重ならないように工夫して設定しました。

主なポイントは,次の3つです。
 (1) 一度行ってみたかった五島列島の大瀬崎をスタート地点とする。
 (2) 中国地方は瀬戸内・山陰のどちらも通れないので四国を通る。
 (3) 津軽海峡は渡らずに,八戸から苫小牧へフェリーで渡る。

なお,コース全体の距離は約1700q程度なので,延べ50日程度歩けばゴールできる計算になります。日本縦断のときは1日の歩行距離は平均30qでしたが,日帰りや2〜3日の歩き旅では荷物が少ないので,1日30〜40km程度歩く予定です。

TOPへ