棒ノ嶺(棒ノ折山)

2017年夏、棒ノ嶺(棒ノ折山) に登りました。天気があまり良くなく、高低差も700mもあったため、結構難行苦行でした。でも、下山後に入った温泉に癒やされました。
  1. ホーム
  2. 管理人
  3. 日帰り歩き旅
  4. 棒ノ嶺(棒ノ折山)

棒ノ嶺(棒ノ折山)

パッとしない天気のもと、飯能駅からバスに乗り、河又名栗湖入口バス停で下車。若い2人の山ガールについていくような形になり、白谷橋を渡って登山を開始しました。

写真
ゴルジュ帯
写真
岩茸石

しばらくして現れた沢登り気分を味わえる白谷沢のゴルジュ帯(両側から岩壁が迫った峡谷)は、一昨日までの雨で増水していたのと、天気が悪いのとで、先に抜けられるかハラハラしながら歩く羽目になりました。前を行く山ガールがいなかったらルート取りなど心細かったように思えました。鎖場も何とか抜けて、大きな岩茸石で一休み。

ここから権次入峠への急登を経て頂上の棒ノ嶺へ。予想通り天気が悪いため眺望は一切なしで、とても残念でした。持ってきたおにぎりを昼ご飯に食べてから下山へ。

下りはかなりの急坂で木の根も浮いていたため、スリップに注意するなど神経をすり減らすこととなりました。でも、下山後に入った温泉「さわらびの湯」で、心も体も癒やされました。

歩行データ

スタート → ゴール
河又名栗湖入口バス停 → さわらびの湯バス停
歩行距離
8.1km
歩行時間
5時間
標高差
登り716m、下り732m